空気読めないkrazypixel

在米日本人移民の独り言

どんな人が海外に向いているか

「海外生活に向いてる人ってどんな人?」みたいな質問を目にしたことがあるが、正直どうでもいい質問だと思っている。

この世界には、飢えや貧困、戦争から逃れるために、泣く泣く祖国を捨てて見知らぬ国へやってくる人が沢山いる。その人たちに移住先の暮らしが向いているかどうかなど考える余裕はない。彼らは選べない。

留学にしろ移住にしろ、お金はかかるしリスクもあるし、悩むことは多いと思う。僕もアメリカに来る前は悩んだ。しかし少なくとも、これは無視していい質問である。

Eメール

職場でEメールを書くときは、ある程度時間を割くようにしている。顔も知らない相手とやりとりする場合もしばしばだし、失礼があってはいけない。万一相手が礼を欠いたようなことを書いてきても、あくまでこちらは礼儀正しく接する。そうすれば、自分はキチンと対応した事が記録として残る。

英語は僕にとって外国語なので、殊更気を遣う。単語の使い方は合っているか、くだけた 表現になっていないか、文章がややこしくなっていないか、全体を読み返してチェックする。送信ボタンを押す時の緊張は、新人の頃と大して変わっていない気がする。

そうして手間暇かけたメールの返事が酷かったりすると、物凄い脱力感に襲われる。英語圏で生まれ育ったいい歳をした大人が、まるで小学生のような文章を書いて送ってくる。ぞんざいに扱われている気がして怒りが込み上げてくる時もあれば、あまりの拙さに吹き出してしまう時もある。中にはメールで返す代わりに電話で済まそうとする人もいる。文章が書けないのか、それとも文章に残したくないのか。

別に僕の文章力が完璧だと言いたい訳ではない。実際、分からない言葉には毎日出会うし、その都度嫁に聞いたりググったりしている。

ただもうちょっと何とかならないのかな、とボヤいてみたかっただけ。

5周年

僕はハロウィンの直前にアメリカに来た。今年もハロウィンが終わった。これでこっちに引っ越してきてから5年経ったことになる。

アメリカ人の嫁と結婚するためだった。日本に呼ぶっていうやり方もあったけれど、その時嫁はまだ博士課程の大学院生で、せっかくここまで続けたものをフイにさせるのもかわいそうだったので、思い切って会社辞めてこっちに来てみた。

最初に面食らったのがグリーンカードだった。申請料めちゃくちゃ高いし、申請書を郵送した後しばらく返事来ないし、説明書が不親切なせいで、書類が不十分だと何度も突き返された。説明書通り書類出したのにパスしなかったから、地元の移民局に質問しに行ったら、「それは説明書が間違っているからです」と平気な顔して言われたときは、頭が真っ白になった。結局カードがもらえるまで1年かかった。

就活もきつかった。何をどうしたらいいか全然分からなくて、ネットで調べながら履歴書作ってあちこちに送った。こっちの人は誰も僕が通った大学なんて知らないし、資格もコネもないし、何もかも手探りだった。大抵の場合は履歴書を送った数週間後に「ほかの人を見つけました」とメールが来るのが普通で、面接までこぎつけるケースはまれだった。色々試した後、やっと経理スタッフ専門の派遣会社を見つけて登録したら、2週間もせずに仕事を見つけてきてくれた。

半年くらいたって正社員にしてもらえて、これで一安心だと思ったのもつかの間、1年もせずにリストラされた。会社が危ないのは知ってたけど、自分は財務分析担当だったし、最後の最後まで会社の業績を分析してなんとか持ち直すのをお手伝いするもんだと思っていたのが甘かった。再就職先を探すのに4か月かかった。それから1年経って今に至る。

今の暮らしは日本にいた頃より辛いし、時々こんな所来るんじゃなかったとくよくよすることもある。でもこうして振り返ってみると、本当に色んなことを2人で切り抜けてきたと思う。きっとこれからもこんな感じでジタバタしながら生きていくんだろうな。

本気

毎日書くとか言っておきながら、もう何日か間が空いてしまった。結局ブログなんてどうでもいいのだろうか。

よく考えると、自分だけの時間が少ないかもしれない。平日は仕事で忙しいし、仕事から帰ったらご飯作って、嫁と一緒にテレビ観たらもう寝る時間。週末も2人でどこか出かけるし。

毎日更新する人は凄いなと思う。きっと僕より仕事もプライベートも忙しいのに、どうにか時間を見つけて書いている人もいるんだろう。僕は何をするにも本気で打ち込めないから、しばらくするとどうでもよくなってしまう。

今日はもう疲れた。このままダラダラ書き続けても面白い話になりそうもないし、この辺にしておこう。

これからの方針

昨日はてなブログから、「前回の記事から1カ月経ちましたよ」というお知らせを頂いた。

実際このブログをどうしようか、ちょっと悩んでいる。今までにアップした記事を自分で読んでみたら、恐ろしくつまらなかったので、全部消そうと思う。

多分一般的な日本人とはちょっと違う暮らしをしている訳だし、書くネタには困らないはずなんだけど、キチンとした文章にしたいあまり、結局何も書かずに一日終わってしまう。

でも何か書きたいという気持ちは嘘じゃないから、これからは取り留めのないメモ書きでもいいからできるだけ毎日書いていこうと思う。